スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

Down to the bottom of Canyon



ワイメア・キャニオンのトップから谷まで下りる
ククイ・トレイルを楽しんだ。

全距離はたった5マイル(8km)。
急勾配で体力的にハードと想定しながらも
短距離である事と過去の経験から予測して
持参の水はいつもより少なめの1ℓにした。
だけどこれが大誤算。

トレイルの半分は全く木陰がないので暑く、
秋でも焦げる様な強い日差しに容赦なく汗が出る。
脱水は危険・・・1.5〜2ℓにするべきだった。

行きは1/3だけを飲み、帰りに残り2/3。
帰路の登りはひたすら渇きとの戦いで、
いかに心拍数を上げず、汗を出さないようにし
水を節約しながら登り続ける。

家の蛇口から水が出るという事は
魔法の様に凄いことなんだとひしひしと感じた。

ワイメアは暫く雨が降っていない様子で、
乾燥した大地から細かな赤い砂埃が
ときどき宙高く舞ったいた。
喉の渇きに拍車を掛けるシーンでありながら、
見渡す限り続く峡谷の土の景色に心が躍る。

トレッキングを終え車に置き去りにした水を
愛おしむ様にノドに流し込んだ時は、
人生の中で最も甘く美味しい水だと思った。

カウアイの自然の壮大さと険しさに再び感服し、
島を知ったつもりになっていた奢りと
自己過信を反省。

自然の中に入る時は、
全ての事において謙虚でなければね。

waimea_cn_bt3.jpg
.09 2016 Trekking comment(-) trackback(-)

Profile

Wakana K.

Author:Wakana K.

ハワイの自然と文化と人に魅せられた808好き。
タイトル「Laniku'uwa'a」とは、カウアイの Kalalau に吹く風の名前です。カウアイ島やフラの事を中心に綴っています。

*画像と文章の無断転載ご遠慮下さい*

Recent Posts

Categories

Live Aloha


KA MAHINA NEI




Search for article

Total Pageviews


Mahalo for stopping by!
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。